jungjung個展「たね」(gallery deux poissons)

恵比寿にあるジュエリーのギャラリー「gallery deux poissons」(http://www.deuxpoissons.com/index.html)にて開催中のjungjungさん(http://www.jungjung.jp/)個展「たね」に行ってきました。

会期は2018年11月16日(金) -12月2日(日)(12:00-20:00)

以前からPinterestで度々見かけていた、繊細なレース糸で編まれた野菜たち。どなたのなんだろう?とずっと思っていたのですが、ほんとうにたまたまツイッターで個展の情報をキャッチ。

あーこの人だ!となって、拝見してきました。

これまでは菜っ葉やお花などのフレッシュなモチーフが多い作家さんだったようですが、今回のテーマは「たね」。ドングリや松ぼっくりのようなおなじみのモチーフから、南天や千両、ヤツデなどなど、この時期に野山や庭先で見られる種たちも。

View this post on Instagram

jungjung Exhibition 'たね' 全ての作品は、レース糸をかぎ針で編み上げていくクロッシェというスタイルで作られています 使用しているかぎ針は0.45mmから0.4mmと通常よりかなり細めで、そのかぎ針を使用して一つの作品を編み上げていきます 糸はすべてjungjung自身が染料を調合して染めたもの そのため、同じ色は二度と出せず、絵を描くように繊細な色味を表現しています デザイン画は描かず、編みながらデザインを形成していくため、1点1点違う表情をした作品が楽しめます 1粒の種が成長し、やがて大きな葉や実をつける様に、1本の糸を編むことにより生まれる表情豊かな作品たちです ギャラリードゥポワソン 東京都渋谷区恵比寿2-3-6 1F 作家在廊日 11/23 (金) 14:00 – 18:00 11/24 (土) 14:00 – 18:00 #ギャラリードゥポワソン #ジュエリーギャラリー

A post shared by gallery deux poissons (@gallerydeuxpoissons) on

特にこの青桐はとっても欲しい!と思ったのですが、全て売約済みでした。

本物にしか見えない麦。こちらは実際に麦を育てている方のところに行くことになったそうです。

jungjungさんが使われているのは#100レース糸だそう。生成りのものをご自分で染めているそうです。ギャラリーオーナーさんが「既成のきれいな糸で植物を編むと、きれいなんだけどどこかグロテスクになってしまう」とおっしゃってて、確かにそうかもしれないなあと思いました。個人的にはそういうグロテスクさが好きであみぐるみをやっているところはあるかもしれませんけど…。

新作「たね」たちのほかに、これまでに発表されてきた野菜やお花のアクセサリーも展示販売されていました。年間でも数える程の点数しか納品されない作家さんだそうなので、新作・旧作ともにピンときた方はぜひ。かぎ針編みをされる方にもお勧めしたい展示でした。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとしてやってください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください