Crochet Sweater Sunrise by KnitwearByPalmiotto(海外パターンレビュー)

かぎ針編みのセーターを作りました

年末年始は引きこもって編み物ばかりしていました。太い糸でざくざくと編むかぎ針編みのセーターが一着完成したので簡単にレビューします!

パターンはこちら。

英語(US)、英語(UK)、ロシア語の3ファイルがあります。模様編み部分は編み図も付いていますが、それ以外は文章を読みながら編むタイプのパターン。

よかったところ

何よりもデザインです! 引き上げ編みで縄編みをするので重くなってしまわないかな……と心配していたのですが、胸の部分がメッシュになっていることもあり大丈夫でした。わたしの編んだ糸で600g、糸を選べばもっと軽くなると思うので、棒針編みのセーターに遜色ない仕上がりです。

見頃は最初わにし、往復編みで編みながらも脇の下までわで編み進めます。そのあとも肩をとじたら袖は直接ぐるぐる編みだし、襟もぐるっと編むだけなのでとじはぎがほとんどないのもおすすめポイント。

1回とりあえず洗ったところ

微妙だったところ

パターンにいくつか細かい間違いがあったので何度か編み直しをしました。模様編みの部分は編み図を見たほうが確実です! あと、立ち上がりの鎖の使い方が少し独特だったり、肩のとじ方に指定がなかったりと、ちょっとしたユルさがほわわん。

あまり細かいことを気にせず、ざざざっと編んで、だいたいこのくらいで! と袖を編み出す、くらいの感覚が良さそうです。ちなみにわたしは肩を細編みでとじちゃいました。とくに着心地に影響は出ていません!

袖に関してはわたしも完全に編み図の通りにはせず、ちょっと手を抜きました。

あと、首回りのリブはけっきょくこれでよかったのかどうかがわかりません……。「11目から11目拾う」という指示がある場所があるんですが、拾うための11目がどう頑張っても捻出できないんですよ。恐らく何かの間違いだと思うのですが、適当に段から11目拾いました。

使った糸

今回は丸安さんのセールで買ったウールカシミヤ混を使いました。贅沢! 本当は以前ブログにも書いたとおりセーターボランティアで使う糸にしようと思ったのですが、かなり縮重する糸なので仕上がりに自信がなく……。人様に上げるものには使いづらいな、と思ったので自分用にしちゃいました。

丸安さんのセールに行ったときのブログはこちら。

着画。わたしは161cmでXSを作りました

1回洗って着たところです。スワッチを編んだときの印象からすると、なんとなく、もう少し縮む気がする……。もともとがオーバーサイズなので、80%くらいになっても大丈夫という前提でゲージを取って編みました。もう数回着たらまた洗おうと思います! 1回目は寒波の中洗ったので、なかなか乾かなくて大変でした……。笑

全身はこんな感じ

英語をある程度読むのが必須ではありますが、かぎ針編みで日本にはパターンがあまりない真冬用セーターが編めて楽しかったです。日本のかぎ針で言うと10/0号くらいを使う、本当にざっくりとしたパターンなので編むの自体は飽きる前に終わらせられるはず。

というわけで、ご興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

Jessica cardigan by Wellofdreams(海外パターンレビュー)

イギリスのデザイナーさん、Wellofdreamsさんの「Jessica Cardigan」を編みました。Ravelryに付けていた記録によると開始は2019年8月。実に2年以上かかりました……。といってもずっと編んでいたわけではなく、たまにぱーっと編んでは止め、編んでは止めをくりかえした結果です。ひたすら玉編みを続けるパターンなので移動時間や待ち時間に編もう……と思っていたのですが、ご存じの通り2019年末くらいからそのシチュエーションがほとんど奪われていたため全然編む機会がなかった、という感じでした。

パターンを購入したあとRavelryのプロジェクト一覧を眺めていたら「全然楽しくなかった。二度と編まない」などと書かれている方がいらっしゃっておおう……辛辣……と思ったのですが、たしかにあまり楽しいパターンではありませんでした……。

できあがりは可愛いのですが

もともとは2015年のInside Crochetに掲載されたパターンのようです。現在はデザイナーさん本人のショップから購入できます。

http://www.insidecrochet.co.uk/patterns/jessica-cardigan/

Ravelryはこちら。

玉編みを全部同じ向きでそろえるため、1段ごとに糸を切って進みます。そのため糸始末はけっこうたいへんでした。できる限り編みくるむようにはしたのですが、袖付けの辺りとかはどうしようもなく、ちまちま……と処理しました。

ただ、もともとは1段ごとに色を変えるパターンだったので、パターン通りに編めばこの部分にはもう少し納得感があるはずです。ちなみに糸は中細かソックヤーンくらいのものを使い、かぎ針5/0号(3.0mm)で編むパターン。元のパターンではカラフルなほうの糸に野呂栄作のクレヨンソックが使われています。こういう段染め糸にすれば、変化が出てもう少し楽しめたはずなんですが……。ちょうどいいのがなかったのでわたしのJessicaはこんな黄色一色🍋になってしまいました。笑


肩と袖は引き抜きはぎ(とじ)しました

図が全然まったくなにひとつないパターンなので、今編んでいるのがあっているのか間違っているのか何ひとつわかりません。小物ならまだしも、ウェアでこれはちょっときついですね……。袖付けは段と目のはぎみたいなやり方で、と指示があったのですが、この編み地でそれをやったらぜったいに攣ってしまう……と思ったのでやめました。その代わり、可能なかぎり半目のみを拾う引き抜きでとじはぎしています。グラニースクエアをとじるときみたいなやつです。

そのほか、前立ての段数を変えたり、最後のエジングを細編みではなく引き抜き編みにしたり、パターンには書いてないけどここに入れないと編み地が左右対称にならない……というところに鎖編みを1目足したりと、いろいろちょこちょこマイナーチェンジを加えています。どちらかというと、そうやって自分流に変えながら編んでいくことに苦痛を覚えないタイプのひとじゃないと編んでてしんどいかなという印象でした(あまりにも説明が不親切で)。

できあがりをご覧いただくとわかるとおり、いいカーディガンだとは思うんです。ぜんぜん重くないし、ふわっと仕上がったし、ラインもいいし。でもパターンが超不親切。というわけであまりおすすめではありませんが、ご興味のある方はお試しください。

Modified Granny Spike Chevron Blanket by AlmightyemuCrafts(海外パターンレビュー)

昔作ったブランケットのあまり糸、ついうっかりセールで買ってしまった太、「○色セット」の糸、などなど、編み図にするあみぐるみには使いづらい糸がそこそこあります。とくに並太糸は最近ほとんど使わないので、どうにかして消費したいなあと思ってブランケットを編むことにしました。

よくあるようなパターンだとつまらないので、何か変わったものはないかなーと検索。最初に見つけたのはPinterestのこちらのピンでした。

波みたいにも見えるし、色合いの関係でもみの木林みたいにも見えます。

わあ素敵! と思ったのですが、このピンは直接アップロードされたものでキャプションもなし。どのパターンをつかっているのかわかりませんでした。

Pinterestは写真を表示すると下に関連イメージが出てきます。そこをたどっていくと同じ写真が別のソースで見つかったりして便利なのですが、どうも今回はそれも見つからない。

でもいろいろ眺めていたら近いものを見つけました。それが「Grandma Spiked My Ripple」というパターン。

サイトには編み図もあります。

Grandma Spiked My Ripple Blanket

名前がおもしろいです。「おばあちゃんがわたしの波にくさびを打った」みたいな。2段下に編み入れるスパイクステッチを使っているのと、パターン自体はグラニースクエアと同じ編み方をしているのとが名前の由来なんじゃないかなと思いました。そして、Pinterestで見つけたのとだいぶ近い! でもやっぱり何かが違うんです。ふむー、と思ってパターン名でRavelry内を検索してみたところ、見つけました。

Etsyにもあります。

無料パターンである「Grandma Spiked My Ripple」をもとにしてはいるのですが、作り目のやり方、段の両端の形状、スパイクの入れ方等々、パターンとしてはけっこう違います。同じように編もうとしたらたぶんこちらを買ったほうがわかりやすいと思います。というわけで購入。

わたしが購入したときはセールでちょっと安くなってたんですけど、今は4.5ドルですね。Etsyは会員登録をしなくても購入できるので便利だと思います。

ご覧いただくとわかるように、あまり糸を消費するためのブランケットなので糸によってゲージがけっこう違います。太めの合太〜細めの極太まで合わせちゃった感じ。そして何よりも色あいがばらばら。このままだとがちゃがちゃになってしまうので、白いアクリル糸を10玉だけ買いました。


4色に1回、かならずこの糸を使う繰り返しを作ることで統一感を持たせます。そしてこの白い糸を使い終わるか、あまり糸がなくなる(そんなことはあるのだろうか……)ところで編むのをやめることにしました。

結果的にはアルペンの白を9.5玉くらい使ったところで終わりに。あまり糸はまだ少しあるのですが、ひと模様(2段 × 3色あります)を編むには少々足りないくらいの量になってしまったのでここで打ち止めとしました。

ちなみにこのパターンでも使い切れないくらいの微少なあまり糸は、こちら↓で回収しようと思っています。

これもグラニースクエアと同じような変形パターンで、バスケットステッチみたいな見た目と作り方です。これすら編めない( = 立ち上がりと長編み3目が編めない)くらい短い糸はあみぐるみのわたがわりに使います。これで中途半端な糸をなくしていくぞー!

というわけで少し変わっていておもしろいブランケットのパターンでした。これ、中細糸で編んだらうまいことウェアにも使えないかな……と思っています。そのうちやってみたいです。

「布用ペンタイプのり」と「消えいろPITほそみ」を比較する

こんにちは! ブログでは大変ごぶさたしております。前回ブログを書いてからは……いろいろ作っていました。サイトのトップページなどに編み図の情報を更新しておりますので、よろしければご覧ください。

さて、編み物とは直接関係がないのですが、前々から書こうと思っていた比較のお話です。

イングリッシュペーパーピーシングに使うのり

若いころからEPP(イングリッシュペーパーピーシング)という種類のパッチワークキルトをやるのが趣味です。これは型紙に布を固定して巻きかがりをするタイプのパッチワークなのですが、紙に布を固定する方法には大まかにふたつあります。

ひとつは伝統的な方法で、紙ごとしつけ糸で縫い付ける方法。もうひとつは、仮止め用ののりで貼り付ける方法です。

昔はしつけ糸のほうしかやり方を知らなかったので一枚一枚しつけしていたのですが、のりで貼る方法を知ってからはもっぱらそちらでばかりやっています。紙を縫うの疲れるんですよね……。


布と紙は仮止めができるのりで貼ります。手芸用品店などで探すと、この「布用ペンタイプのり」などがよく見つかります。

といいつつ、この形状、どこかで見覚えありませんか?


そう、「消えいろPITほそみ」とすごくよく似ているのです。

もともとこのふたつは同じものだという話はインターネットにちらほら転がっていましたが、実際のところどうなんだろう? と思って両方買って比較してみました。

比較!

ふたつ並べてみました。外観は素人目にはまったくいっしょに見えます。

キャップを開けてのりを出したところ。……いっしょに見えますね……

布用ペンタイプのりの台紙。製造元は書いてありませんが、成分がポリビニルピロリドン、韓国製ということが分かります。

こちらが消えいろPITほそみ。こちらも成分はPVP(ポリビニルピロリドン)、韓国製です。

ちなみにどちらものり部分は詰め替え式なのですが、布用ペンタイプのりについてきたカートリッジを消えいろPITに使うことができました。パッチワークに使っているぶんには、使い心地にも双方変わりありません。まず間違いなく同じものと考えて良さそうです。

布にも紙にも使えて便利

消えいろPITほそみ、事務仕事をする方にはわりとおなじみだったりしますよね。布用・紙用と分けると面倒ですが、どちらにも使える! となると一本常備しておいて損はない感じに。手に入りやすいほう、お手頃なほうを選んで使えるのはうれしいところです。



ちなみにわたしがパッチワークキルトをやるようになったのは、ルーシー・マリア・ボストンの「グリーンノウ」シリーズがきっかけです。ルーシー自身がパッチワークをよくする人だったのですが、本人をモデルにしたエピソードが出てくるのが『グリーン・ノウの煙突』です。

ルーシーは日本ではそこまで有名ではないと思いますが、言うなればイギリスのターシャ・テューダー的人物。ルーシーのほうがふたまわりほど年上ですが、同じように創作活動をしつつ広い土地に住み、ガーデナーとして功績を残し、手作りをよくしました(そしてふたりとも離婚して子どもを育てた自立した女性でもあります)。ルーシーの住んだ、そしてグリーンノウのモデルでもあるへミングフォード・グレイのマナーハウスには一度行ってみたいです。

お知らせが渋滞しております

こんにちは。ブログではまたしてもお久しぶりになってしまいまして申し訳ありません。秋も引きこもっていろいろいろいろやっておりました。お知らせがたくさんあるので、簡単にご紹介させてください!

『たぬきときつね』本が出ます

SNSではたびたび制作工程をお知らせしてきたたぬきときつね。24ページの本になりました。12月1日に発売、現在予約受付中です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B08P3QTFN5/
たぬきときつねに加え、おまけパターンも3つ付けました。できるだけ低価格少ページでいろいろお楽しみいただける感じになったと思います。
今回、出版社はインプレスR&Dのネクパブ・オーサーズプレスを利用しました。ご注文ごとに印刷所が本を刷る「オンデマンド印刷(POD)」というサービスでお届けします。当面はAmazonのみからのご注文となります。

よろしくお願いします……!

Friends in Christmas

全国のセブンイレブンでコピーできる「Friends in Christmas」というパターンを配布中です。

ダルマのirorioという糸とレース針を使ってぎちぎちに編むと、なんとシルバニアファミリーと同じくらいのサイズ感になります。笑 ちんまりした感じが可愛いきつねたちを、赤と緑のクリスマスカラーにしました。それだけでなく、印刷したものをご自身で切って折っていただくと8ページの豆本になります。どうぞお楽しみください……!

プリント用の予約番号は毎週変更するので、最新情報は上記Twitterからご確認ください。12月2日までの予約番号は12181959です。(A3 カラー:100円がかかります)

pixivFANBOXを始めました

毎月定額で創作活動をサポートしていただくパトロンサービス。色々なものがありますが、piggiesagogoとしてpixivFANBOXを始めてみました。
https://piggiesagogo.fanbox.cc/

作っている真っ最中の編み図を途中まで投稿したりしています。有料の編み図も完成したらどんどんアップしていきます(現在はたぬきときつねの完成原稿がご覧いただけます)。

最終的にはパターンのサブスクリプションみたいになれば良いなと思っているのでよろしければ覗いてみてください。FANBOXは過去の投稿も閲覧できるので、「見たいな」と思ったコンテンツを投稿しているタイミングで課金していただくのが良いかもしれません。だいたい週1〜2回の投稿を目指しています。

Text-Revolutions Extra2というオンラインイベントに出ます

年末年始に開催される、文芸系同人誌即売会Text-Revolutionsのオンラインイベントに出店します。なぜ文芸系? というと、趣味で小説を書きました。

ついでに表紙は編みました。
文芸はこれ一冊だけなのですが、piggiesagogoの編み物本も売ります。対面イベント時と同じく、消費税分をお値下げしての価格です(その代わり入場券代わりの手数料と着払い送料がかかります)。お手元に届くのが1月末〜2月頭になる予定ですが、のんびりでもいいのでまとめて買いたいな、という方はご利用ください。出品する本一覧は下記のウェブカタログからご確認いただけます。

https://plag.me/c/textrevo_ex2/2758

ざざっとお知らせ祭りでした。年末も押し迫ってきましたが、どうぞみなさまご自愛ください!

ドーベルマンのパターン販売開始しました

ブログでは大変ご無沙汰しております……。

じー。とどこかを見ているようなドーベルマンのパターンを販売開始しました。

マズルの感じとかにそこそここだわって作りました。

日本では右の黒い断尾・断耳をした姿が一般的なドーベルマン。国によっては体の一部をカットするのが禁止されているため、ナチュラルな姿も編めるようにしてみました。

どんなふうに作っていったのかは、今回noteにまとめてみたのでよろしれけばご覧ください! なかなか難しくて、けっこう時間がかかりました……。
https://note.com/piggiesagogo/n/nd05367b06f84

パターンのご購入はこちら↓からどうぞ。

ドーベルマン あみぐるみ 編み図 / Doberman amigurumi pattern

ただいまサイトの改修をちょこちょこ進めておりまして、一部のパターンはstores.jp経由で購入できるようになってきています。コンビニ決済・銀行振込など、お支払い方法が複数選べるようになりました。青いボタンからぽちっとどうぞ。

対面イベントの望みがことごとく絶たれている昨今ですが、いくつかおもしろいことしたいなと思って計画しています。最近かなりブログがサボり気味になってしまっていましたが、今後のことはちゃんと書きに来たいと思います……!

「3月うさぎ」パターンのバラ売りを始めました

『piggiesagogoのシームレスなあみぐるみ』より、表紙にもなっている「3月うさぎ」のパターンをPDFで販売開始しました。

March Hare amigrumi pattern | 3月うさぎ あみぐるみ 編み図

普段のPDFパターンと同様、英文パターンと日本語の編み図にファイルが分かれています。

「編んでみたいけど本を買うほどじゃないな」と思っていらっしゃった方など、いらっしゃいましたらぜひチェックしてくださいませ。

今後全パターンのバラ売りをしようと思っているのですが(恐らく1年くらいかかるかな……)、もともと使用と思っていた電子書籍化代わりにしたいなと考えています。なので全パターンデジタル化が終わったら、おまとめ買いでお得なセットも作成する予定です。

まだまだ時間がかかるとは思いますが、電子版をお待ちの方はご辛抱くださいませ。

あと、『piggiesagogoのシームレスなあみぐるみ』はもうすぐAmazonでもお買い求めいただけるようになります。Amazonのオンデマンドサービスを利用するので、少々誌面デザインを変更せねばならず手間取っておりますが……もうすぐ終わるはず。

こちらもでき次第ご案内します。個別通販はプライバシーの面から抵抗があるという方にも利用しやすいと思います。

あとお知らせがいくつかございますがまた改めてブログを書きます。それではまた!

『犬と暮らそう 4人と4匹の着せ替えあみぐるみ』の予約販売を開始しました

View this post on Instagram

ここ最近取り組んでいましたあみぐるみ本第2段、入稿が完了しました。 『犬と暮らそう 4人と4匹の着せ替えあみぐるみ』と題しましてヒトガタ、犬たち、洋服の作り方を掲載しています。 minne とcreema にて予約販売を開始しました。 https://minne.com/items/18421275 https://www.creema.jp/item/8920077/detail 以下、商品詳細です。 【ご注文前に必ずお読みください】 本商品は現在「予約販売中」です。出荷は2020年4月28日を予定しております。出荷日までにご入金いただいたお客様に出荷いたします。どうぞご了承くださいませ。 予約販売商品のため、下記3点の特典がつきます。 1. 定価(2,200円)より200円引きでの販売 2. 「ボブヘアさん」口絵に登場する「おすましポニー」の編み図を無料プレゼント 3. 配送方法で「クリックポスト」をご選択の場合送料無料 2. 「おすましポニー」の編み図につきましては、インクジェット複合機で印刷したものを同封いたします。ご了承くださいませ。 ———– 【作品紹介】 piggiesagogoのあみぐるみ本第2弾。今回は着せ替え可能な「ヒトガタ(人間型あみぐるみ」と、あみぐるみが飼っている4匹の犬たちが登場します。 ヒトガタは頭・上半身・下半身に分解できるため、洋服の脱ぎ着が楽々できます。同じボディで違うお顔を楽しむこともできます。 飼い犬たちはpiggiesagogoの特徴でもあるシームレスな編み方を駆使して作りました。編み図の意外性とリアルなできあがりが楽しめます。 洋服は長さや細部のデザインが違う3種類を含めて10種類、靴は4種類掲載。好きな衣装を選んでおしゃれをさせてあげてください。 【掲載作品】 犬4種 ・柴犬 ・コーギ(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク) ・ラブラドール・レトリバー ・パグ ヒトガタ4人 ・ショートヘアさん ・ボブヘアさん ・カールヘアさん ・ロングヘアさん 洋服10種類 ・ノースリーブ ・ノースリーブ(タートルネックバージョン) ・ラウンドコクーンコート ・リブパンツ(ロング) ・リブパンツ(ショート) ・長袖ハイネック(半袖にもなります) ・サロペット ・半袖Tシャツ ・プリーツスカート(ミニ) ・プリーツスカート(ロング) 靴4種類 ・スニーカー ・スリッポン ・ロングブーツ ・ショートブーツ ———– 書籍サイズ:B5版 ページ数:66ページ

A post shared by piggiesagogo | akahoshitomoka (@piggiesagogo) on

随分お久しぶりになってしまいました……。ここ最近作っていましたあみぐるみ本第2弾が印刷に回りました。

本当は4月末のハンドメイドメイカーズから販売を開始する予定だったのですが、中止となってしまいました。そのため通販を中心にご案内していきたいと思います。

まずはminneとCreemaで予約販売を始めました。少しお得にご購入いただけますので、よろしければご検討ください!

販売ページ↓
https://minne.com/items/18421275
https://www.creema.jp/item/8920077/detail

予約販売商品のため、下記3点の特典がつきます。

1. 定価(2,200円)より200円引きでの販売
2. 「ボブヘアさん」口絵に登場する「おすましポニー」の編み図を無料プレゼント
3. 配送方法で「クリックポスト」をご選択の場合送料無料

2. 「おすましポニー」の編み図につきましては、インクジェット複合機で印刷したものを同封いたします。ご了承くださいませ。




———–
【作品紹介】

piggiesagogoのあみぐるみ本第2弾。今回は着せ替え可能な「ヒトガタ(人間型あみぐるみ」と、あみぐるみが飼っている4匹の犬たちが登場します。

ヒトガタは頭・上半身・下半身に分解できるため、洋服の脱ぎ着が楽々できます。同じボディで違うお顔を楽しむこともできます。

飼い犬たちはpiggiesagogoの特徴でもあるシームレスな編み方を駆使して作りました。編み図の意外性とリアルなできあがりが楽しめます。

洋服は長さや細部のデザインが違う3種類を含めて10種類、靴は4種類掲載。好きな衣装を選んでおしゃれをさせてあげてください。

【掲載作品】

犬4種
・柴犬
・コーギ(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)
・ラブラドール・レトリバー
・パグ

ヒトガタ4人
・ショートヘアさん
・ボブヘアさん
・カールヘアさん
・ロングヘアさん

洋服10種類
・ノースリーブ
・ノースリーブ(タートルネックバージョン)
・ラウンドコクーンコート
・リブパンツ(ロング)
・リブパンツ(ショート)
・長袖ハイネック(半袖にもなります)
・サロペット
・半袖Tシャツ
・プリーツスカート(ミニ)
・プリーツスカート(ロング)

靴4種類
・スニーカー
・スリッポン
・ロングブーツ
・ショートブーツ
———–

書籍サイズ:B5版
ページ数:66ページ