「Stitch Works Software」の開発にちょっかいを出す

かぎ針編み図ソフト「Stitch Works Software」がオープンソース化していましたの続きです。

「Stitch Works Software」の顛末は、タグ「Stitch Works Software」からどうぞ。

今回はもはや編みものとほとんど関係がない内容になってます。すみません…

オープンソース化していることが判明し、「あーよかったよかった」と気分良く就寝したわたし。

が、しかし

わたしがグースカ寝ているそのとなりでは、丑三つ時までキーボードをカタカタと叩く音が響いていたのでした。

GitHubを眺めていたら楽しくなってきてしまったらしい我が家のエンジニア。

なんと、ソースコードをダウンロードして、自分でビルドしはじめたのでした。

(※ビルドとは、簡単にいうと、編み図から自力で作品を編むことに似ています。ソースコードが編み図で、ソフトウェアが完成作品だと思ってください。一般的なソフトのインストーラーをダウンロードしてくることは、それに比べると、誰かが同じ編み図を見て編んだ完成品のニットを買ってくることに似ています。完成品のニットも今は手に入るけど、作っている業者さんがいなくなったら、いつかは自分で編み図を見て編まなくてはいけない日がやってくる、という感じが今Stitch Works Softwareのユーザーが置かれている状況です。)

ビルドしてみようとしたところ、使われているQtというライブラリのバージョンが古すぎて今のMacOSでは動かなかったとのこと。

(※編み物で例えるのが難しいのですが、たとえば、編み図で指示されている道具や毛糸が昔のものすぎて現代では手に入らず、どうにか代替品で作ってみなくてはいけない…などという事態を想像していただければと思います。)

どうにかこうにか、コードを修正して今のOSでも動くようにした我が家のエンジニア。ソフトのアイコンはモニタ上に現れたものの、クリックしても起動しない!というところで夜中の3時。諦めて寝たそうです。

しかしそんなことでは諦めないのがエンジニアのすごいところ。週末、またPCを持ち出してカタカタしはじめました。曰く、「もうちょっとで動くと思うんだよなー」。

…まあ、なんとなくこういうことかな?と想像してみたのですが。

友達や家族が、「これ編みたいんだけど編めないんだよー」と編み図を持ってきました。見てみるとなかなか編みがいがありそうな作品。じゃあいっちょまず編んでみて教えるよ!と意気揚々と編みはじめたはいいものの、出てくる出てくる編み図のミス。これは全部編んでみて修正しなくちゃ!でもこの部分写真にちゃんと写ってなくて正解がよくわからないな?!みたいな。

そんなシチュエーションなら、たしかに夜中まで熱中して作業してしまうかもしれません。

というわけで、苦節数時間、なんとかちゃんと動くものが、我が家のエンジニアのPC上に登場しました。

↑わたしがいろいろと機能を使っていじってみたスクリーンショット。いちおうちゃんと動きました。

(「なんでこの人のPCに編み図のソフトが入っているんだろう…」とはちょっと思いました。)

というわけでめでたく、編み図、じゃなくてソースコードの一部を修正することに成功した我が家のエンジニア。

ver1.2の開発者さんに向けて、修正してみたからチェックしてくれたらうれしいよ!という連絡をしました(プルリクエスト、略してプルリクといいます)。

そのプルリクがこちら。
https://github.com/citiral/CrochetCharts/pull/3

が、しかし

返事が今のところありません。

Stitch Works Software、もしかしたら完全に放置されてしまっているのかもしれない…

今はインストーラーがフリーで手に入るよ、わーいやったー!ってなっていますが、将来ある日突然動かなくなるかもしれない恐怖は、まったく解消されていなかった模様です。

さあどうする。ただ返事を待つのか。それとも次なる一手を探すべきか…

絶対に必需品なソフトだからこそ、どこまで首を突っ込むべきか。悩ましいところです…

(続くかどうかはわかりません)

ランキングに参加しています。よろしければポチッとしてやってください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

「夜中までとか休日潰してとかまでいじってもらうと若干の罪悪感がわたしにあるんですが…」と申し上げたところ、我が家のエンジニアは

「たのしかったです!」

とげんきなおへんじ。よ、よかったです…。

かぎ針編み図ソフト「Stitch Works Software」がオープンソース化していました

編み図を作るソフトウェア「Stitch Works Software」を紹介しようと思ったら、Mac版のサポートが終わってたっぽいっていう話の続編です。

結論から言うと、英語で苦情の問い合わせをするっていう一番やりたくないタスクは回避できました。ふう…

「Stitch Works Software」の顛末は、タグ「Stitch Works Software」からどうぞ。

開発終了…してなかった!

Mac版のサポート終了?!の疑惑に、うわあこれはこまった!と、とりあえず我が家のエンジニアにこの話をしてみました(便利な環境です)。

そうしたら、見つけてきてくれたのが以下のツイート。

(訳:Stitch Works SoftwareのCorchet Chartsはオープンソースになって、無償で利用・ダウンロードできるように。これはわたしが使っているソフトで…)

ツイートのリンクはRavelry内コミュニティ「Stitch Works Software」につながっていました。

https://www.ravelry.com/discuss/stitch-works-software/3273192/1-25

…まさかRavelryにコミュニティがあったとは。いや、考えてみればたしかにないわけはないようなソフトなのですが、思いつきもしませんでした。

コミュニティトップページには、Stitch Works Softwareが現在の状態になった経緯の説明がありました。オリジナルの開発者さんからのメッセージも。

クローズドコミュニティ内に投稿されたものなので、全文のご紹介は控えようと思いますが、かいつまんでいうとこんな感じ。

・2年前(2015年現在の投稿です)からStitch Works Softwareの新バージョン作成をしていたけど、ちょっとうまくいかなかった

・前後して、仕事の環境が変わったので、Stitch Works Softwareのようなプロジェクトに割く時間がなくなっちゃった

・とはいえ、ソフトを買ってくれた人や今までお世話になった人たちに対して責任を感じているし、Stitch Works Softwareをここで終わりにはしたくなかった

・2014年ごろ、Ravelryのユーザーでもある複数の人たちから、Stitch Works Softwareをオープンソース化してはどうか?と打診された

・きっとうまくいくと思ったので賛成した

・今まで何年間もほんとありがとう、みんなと一緒に取り組めて楽しかった

とのことです。なるほどねー。

全文をお読みになりたい方は、上記にリンクしたRavelryのコミュニティページにアクセスしてみてください。英語での会員登録が必要ですが、無料のサービスです。

(しかしオープンソースソフトウェアについてのお知らせが、クローズドなコミュニティでしか行われていないってあんまり望ましい事態じゃないんじゃないでしょうか…ブツブツ…)

GPL v3でMac版も入手可能

というわけで、知らぬ間にStitch Works Softwareはオープンソース化していたのでした。ライセンスはGPL v3とのこと。

オープンソースって?GPL??については、Wikipediaなどをご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オープンソース
https://ja.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License

簡単に言うと、

GPLは、プログラム(日本国著作権法ではプログラムの著作物)の複製物を所持している者に対し、概ね以下のことを許諾するライセンスである。

1.プログラムの実行[注釈 1]
2.プログラムの動作を調べ、それを改変すること(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)
3.複製物の再頒布
4.プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)

https://ja.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License

つまり、プログラムの設計図を誰でも覗けて、自由に改造できて、自分で使ったり、他の人に配布したりすることができる、という、とても制限の少ないライセンスです。

先日ご紹介したStitch Works Softwareの最新版(ver1.2)は、GPLライセンスのもとで、新しい開発者によって作られたバージョンの模様。

GitHubはこちら。
https://github.com/iPenguin/CrochetCharts

そして、わたしがいちばんホッとしたことに、Mac版ver1.2のdmgファイルも、Stitch Works Softwareコミュニティのトップページで配布されていました!
https://www.ravelry.com/groups/stitch-works-software

(まさかのリンク先がgoogle drive!だけど)わーい!とりあえずよかったー。

公式サイト(http://stitchworkssoftware.com/)でMac版が配布されていないので、今使っているPCがいきなり壊れたり、バックアップデータが飛んじゃったりして、今使っているソフトを救出できなくなったら困るなーっていうのが一番の心配でした。(プラス、動作未確認環境でいきなりソフトが動かなくなったら商売上がったりだい、という次なる心配も)。

とりあえずインストーラーを入手できなくなる心配は回避できました。あーほっとしたー。

ただ、インストーラーの動作確認はしていません。わたしのPCでやろうとすると、一度現在あるソフトを削除しなくてはならないのでちょっと避けたい。

Ravelry内Stitch Works Softwareコミュのフォーラムでのやりとりを見ている限り、ちょっとバグの多いバージョンではあるようです。ver1.2の開発者も学生さんで、学業の一環として作られたバージョンのよう。現在人が足りなくて、次のバージョンの開発は止まっているようです。

FAQなどもコミュニティ内に作られていますが、これまた全てのやりとりが英語で行われていますので、ちょっとハードルが高いのは相変わらずの模様です…

まとめ

・Stitch Works Softwareのオリジナル開発者による開発は終了
・オープンソース化され、有志が2015年にver1.2をリリース(GPL v3)
・これ以降の開発は人が足りなくて止まっている
・とりあえずWindows / Linux版は公式サイトから、Mac版はRavelryコミュ「Stitch Works Software」からインストーラーがダウンロード可能

というわけで、整理してみると大したことではなかったのですが、何がどうなってるかよくわからない状況でRavelryに飛ばされたときはほんと頭の中が???でした。

あと、ちょっとした後日談もあります。またご紹介しようと思います。


ランキングに参加しています。よろしければポチッとしてやってください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

与太話。

「これから先にいきなり動かなくなったりとかしたらどうしようっていう恐怖があるんだよねー。OSアップデートが怖いなー」などと話しながら調べていたら、我が家のエンジニアが

「オープンソースなんでしょ?動かなくなったら再ビルドすればいい だけ

大した 話では ない

と言い放ちました。そら君にとってはな。

編み図を作るソフトウェア「Stitch Works Software」を紹介しようと思ったら、Mac版のサポートが終わってたっぽいっていう話

※2018.02.16 続報を書きました。
「かぎ針編み図ソフト「Stitch Works Software」がオープンソース化していました」
https://piggiesagogo.com/2018/02/16/stitchworkssoftware2/

「Stitch Works Software」の顛末は、タグ「Stitch Works Software」からどうぞ。

普段わたしが使っている編み図ソフトのお話です。

数年前、よし、オリジナルのパターンを公開しよう!と思い立って、いろいろと方法を探してみました。

日本の方が作られているものだと、こちらのフリーフォントがありますね。
http://frat-len.jugem.jp/?eid=89

フォントなので、文章が入力できるソフトであればなんでも使えます。Microsoft Officeとか、Adobeのソフトとか、フリーのグラフィックソフトとか。

個人的には、もうひとこえ、ソフトウェアとしてできあがっているものがないかなーと探していて、結局英語のソフトにたどり着いております。それがこちら。

Stitch Works Software
http://stitchworkssoftware.com/

ソフト自体もWebサイトもマニュアルも英語版しかありませんが、なかなか便利に使っています。piggiesagogoの編み図はすべてこのソフトで作成しています。(たまにバグ?と思うような変な動作はあるのですが…ほんとはバグ報告をしたほうがいいのはわかっているのですが、なかなかめんどくさあとでやろうと思って忘れてしまう、を繰り返しています)

完全に英語ですが、こちらが動画で見る基本操作です。なかなか日本人でも聞き取りやすい英語を話される方だとは思いますが、喋っている内容がわかりにくくても、画面の動きを見ているだけで、どういう動作をするものなのかはなんとなくわかるのではないかなと思います。

画像はStitch Works SoftwareのWebサイトより。

動画もスクリーンショットもわに編む編み図が紹介されていますが、もちろん立ち上がりをつけて往復編みをしていく編み図も作成できます。難点は、自分でシンボル(編み図記号)を追加できないので、ちょっと変わった編み方をするときにはいろいろと工夫をして作らなきゃいけないところでしょうか。

…と、ここまで書いてきて衝撃的なことに気づいてしまいました

現在、Stitch Works SoftwareはWindows版とLinux版が配布されています。無料のようです。


画像はダウンロードページのスクリーンショットです。

が、わたし、2014年に49.99ドルでこのソフトを購入しているんですよね…しかも、メインPCはMac。購入時はMac版も配布されていました。1ライセンスで無制限にマシンに入れられることになっていたので、PCを買い換えるごとに入れ直して使用しています。

当時は無償体験版だと、作成途中のファイルを保存できなかったんです。ちょっとお試しでダウンロードしてみて、複雑な編み図も作れそうだったので課金したわけですが…

気づかぬ間にMac版のサポートが終わっていたようです。アカウント登録をしているメールアドレスの受信ボックスを今ひっくり返してみましたが、サポート終了に関するお知らせ、何も来ていませんでした…ショックがでかい。まあ今現在は動いているからいいっちゃいいんですが…

サイトによると最新バージョンが2015年9月のようですので、

現在わたしが使っているmacOS High Sierra(2017年6月リリース)は、動作確認されているのかどうかも不明です。なんだ…バグどころの騒ぎじゃないじゃん…(というか、2015年から更新されていないのであればWindows 10での動作確認もしているかあやしいですね)

よくよく見たらもともとサイトにあったログイン機能もなくなっているではありませんか。まじかよ。どうせよと。ある日いきなりソフトが動かなくなったらわたしはどうすればいいんだ。問い合わせるしかないのか。ないな…

まあ、気を取り直して

とはいえ、おそらくフル機能を無償で使えるようになったのでありましょうStitch Works Software。WindowsやLinuxを使っている方(後者はエンジニアでない限りなかなかいないかとは思いますが)には、相変わらず便利に使ってもらえるソフトだと思います。

英語なので戸惑うこともあるかとは思いますが、きれいな編み図が作りたい!という方には、一考の価値あるソフトだと思います。Mac版みたいに、いつのまにかサクッといなくなってしまうことは、あるかもしれませんが…よろしければお試しください。

念のため、配布されているexeファイルとdebファイルをダウンロードしてNortonでファイルスキャンはかけてみましたが、脅威は見つかりませんでした。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとしてやってください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

とりあえず俺はお前に払った金どうすりゃええねん。ていうかそれはまあいいとしてもサポート終了するなら連絡くらいよこせや。という苦情は、ユーザーのかなしみとしていれようと思います。とほほ。英語で苦情とかやりたくなーい!結果はまたご報告しますね。